【B.V.D.】 heat edit2011年01月29日

ヒートエディット メーカー:B.V.D.
商品名:吸湿発熱ヒートエディット 7分丈スパッツ
素材:指定外繊維(A.H.F)35%・ナイロン35%・アクリル30%
定価:1,575円(税込)
購入時期:2010年

下着メーカー「B.V.D.」のビジネスマン専用防寒インナー【heat edit】(ヒートエディット)です。
7分丈のボトムアンダーが欲しくて探していたところ、これを見つけました。それもセールで990円で購入できました。
特徴としては、「吸湿発熱・軽くて動きやすい・ソフトな風合い・シャープなシルエット・抗菌防臭・静電気防止」となっています。

ビジネスマン専用防寒インナーと宣言しているだけあって、あまり多くは期待できないかな、と思いましたが、わずか0.45ミリの生地厚で薄く、やわらかくて動きやすい所は、スラックスの下に履くのにちょうど良く、まさにビジネス用途にピッタリで、とても良いです。
しかし、良いところはその位で、暖かさに関しては、どうでしょうか、、、
例えるなら、、、感覚的に気温12~3度以上あれば1枚着ている暖かさを感じますが、 それ以下だと逆にヒンヤリ感を感じてしまう、みたいな感じでしょうか。。

そこは素材にある、よくわからない「指定外繊維(A.H.F)35%」にあるのではないかと思いますよね。
「A.H.F(指定外繊維)」は、三菱レイヨンが2001年に開発した素材で、
特殊技術により原綿生産段階でアクリルとアセテートを融合させた複合ファイバーだそうです。
アセテートとは、木材パルプ(セルロース)を原料に、酢酸を反応させたアセチルセルロースより作られる繊維質で、 適度な吸湿性を持ち、美しい光沢があるなど絹に似た、風合いのやわらかい素材とあります。
絹に似せた素材といえば、レーヨンやキュプラもあって、これらもセルロース繊維(再生繊維)ですから、
用途や特徴は、A.H.F、レーヨン、キュプラは似ているのではないかと推測されますね。

A.H.Fがレーヨン等と特徴が似ているなら、
吸湿性が高いのと同時に熱伝導率も大きいということになって、
場合によっては体の熱が外に移動しやすく(接触冷感)、
ヒンヤリ感というかスースー感が生まれるのではないかと、思ったりしました。

とりあえず、都会のビジネスマンにはそれなりにメリットのあるインナーではあると思います。

なんだか趣味~ホームページVer.~もあります


わずか0.45ミリ!アウターにひびかない防寒「heat edit」【暖かい・薄い・軽い】【★2010秋冬セ...
わずか0.45ミリ!アウターにひびかない防寒「heat edit」【暖かい・薄い・軽い】【★2010秋冬セ...

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
下記の欄に全角で「2011」と入力してください

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ikiru.asablo.jp/blog/2011/01/25/5649154/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

  • seo
track feed